前回の記事で不遇スキルの調整について触れましたが今回はそれらのスキルとともに上方修正された8T(ターン)SS全体大について考察していきます。

修正内容は下記のようです。

【全体大ダメージ(8ターン技)】 

→これまで:攻撃力×1.00倍の全体攻撃
 修正後:攻撃力×1.25倍の全体攻撃 

ということで、これまでより威力があがる調整になりました。

これは
単体で見れば良調整だと思います。

これまで8T全体大は7T全体大の完全下位互換であったので、本調整でクエストとトーナメントで使い分けができるようになりましたね。

ハクアさん大躍進です!

ハクア



しかし・・・・・。
 

この調整は他のカードにも大きく影響を与えています。
特に影響を受けるのが

おっぱいドラゴン、闇狼、リィル、リンリンの4枚のカードです。
アヌビスぱいドラ

ぱいドラと闇狼はもともと全体大の倍率が1.25倍だったので相対的に弱体化したと言えます。

ただもともとかなり強いカードであるため弱体したといってもまだまだ使えるカードであることは間違いないです。


そして私が言及したいのはこちらの二枚リィルとリンリンの調整についてです。
リィルリンリン

この二枚のSSは【7T単体極大ダメージ】です。

極大攻撃の倍率は
攻撃力×1.25倍となっています。

つまり今回の調整によって8T全体攻撃と同じ倍率になってしまったのです。

まぁ相対的に弱体化されたことについてはしょうがないのかもしれません。

しかし、ターン数に違いはあれど極大』ダメージを謳っているので『大』ダメージと同じ倍率では表記が間違っているということになると思います。


とくに新規のプレイヤーさんはその表記では誤解してしまう心配がありますから、極大ダメージの倍率をアップするか、表記を変更するかしてほしいところですね。


最後に調整後ハクアさんとともにクエスト最強キャラの一角を担うキャンディーさん↓↓↓
キャンディ



人気ブログランキングへ  魔法使いと黒猫のウィズ~魔道士ギルド~  黒猫あんてなに参加しています